過去よりも未来へ、一歩でも前へ!

変わらない過去、変えられる未来、一歩だけでも前へ!

【ニュース!】部下や後輩の指導で悩んでいる方へ|教える技術を著者から学べますよ!

部下や後輩を指導したときに、部下に伝わらない、部下が成長しない、
そんな時は、イライラも募ります。

  • どう言えば、理解してもらえるのか?
  • どう教えれば、理解してもらえるのか?
  • どう叱れば、どう褒めればいいのか?

f:id:openup21:20220311102323j:plain(なぜ伝わらないのか?)

成長しないのは部下に責任がある、仕事は教わるものじゃない盗むもの、
教える能力のない人の言い訳です。

教えることは、簡単ではありません。
幼稚園、小学生、中学生、高校生、大学生で教え方が違うように、
社会でも相手によって、効果的な教え方は違います。

新入社員、中途入社の社員、能力の高い/能力の低い社員、
年上/年下の部下や同僚、派遣社員外国人など相手によって教え方は違います。

本書では、行動科学マネジメントをもとに教える技術を解説します。

  • 教えるとは何か
  • 上司としての心構え
  • 上司がやらなければならないことは何か
  • どう伝えればよいのか
  • どのくらい教えればよいのか
  • ほめることの大切さ
  • 叱ると怒るの違い

【ニュース!】著者から学べます!| Udemy

各分野のプロから学べる、世界最大級のオンライン学習プラットフォームです。

行動科学マネジメント®の第一人者〈石田 淳〉が直接指導!シリーズ累計発行80万部以上のベストセラー「教える技術」の極意をお伝えします。

教えても指導しても、やらない社員

仕事のルールを守りません。チェックシートも使いません。
上司や同僚への連絡や報告を忘れます。上司に承認を取らずに仕事を進めます。
「なぜ」と聞くと「、、、、、、」(無言)です。
何度も注意しても改まりません。

f:id:openup21:20210815124218j:plain(国立大卒:頭はいいのに、、、)

同僚達は気を使い、忘れないようにと声を掛けます。
「チェックシートは使った?」「上司に確認をした?」「予定通り?」
「はい」と返事をするのですが、結果は同じです。
理由を聞いても「、、、、、、」(無言)です。

その人は、ほどなく退社しました。

f:id:openup21:20220207133504j:plain(指導する人が疲れます)

教え方が正しくなかったのか?正しくコーチングで来ていなかったのか?
悩みますが、同時に「2:6:2」の法則 にすがりたくなります。

会社では、

・一生懸命仕事して会社を引っ張る人が2割(神輿を担ぐ人)

・普通に働いている人が6割(神輿を支える人)

・やる気が無く足を引っ張る人が2割(神輿にぶら下がる人) 

f:id:openup21:20220416103627j:plain

教育でも、

・すぐに吸収してくれる人が2割

・時間がかかるが何とか吸収してくれる人が6割

・吸収してくれない人が2割

10人の内、8人に成果が出ればOKでは、、、(汗)