過去よりも未来へ、一歩でも前へ!

変わらない過去、変えられる未来、一歩だけでも前へ!

気づくか気づかないか、失敗は気づきです!

不幸な情報の洪水

ニュースなどでは毎日、不幸な情報が流れてきます。
ネットや携帯電話の普及で、以前の530倍の情報が入っていきます。
そこに目を向けると、テンションが自然に下がります。

殺人事件や事故は別ですが、、、、
これは何を教えているのだろう、と考えてください。

   

自己肯定感の低い日本人

日本人は、自己肯定感が極めて低いというデータがあります。

国立青少年教育振興機構の調査

高校生への質問、自分はダメな人間だと思うか?
はい(YES)と答えた割合、
日本:72.5%韓国:35.2%アメリカ:45.1%、中国:56.4%

謙遜の思いもあるでしょうが、残念ながらダントツです。
そして、隣国人は逆です、、、、国民性が違いますね。

東京都立川市の調査

中学生への質問、自分が好きか?、人から必要とされているか?、
いい所がたくさんあるか?、自分は役に立っているか?
はい(YES)と答えた割合、残念ながら、すべての項目が30%以下でした。

気づくか気づかないか

将棋の藤井聡太さん、すごい集中力と頭脳です。
そして、将棋と出会ったことで花開きました。

   

すごい能力を持ちながら、出会いがないだけの人もいます。
気づくか気づかないか、ではないでしょうか?

暗闇では、ダイヤモンドもただの石ころ!
その光を当てる、気づきを与えることが、ほめることです。

失敗は気づき

失敗も気づきです。
前向きな失敗は、成長の味の素、大歓迎の心を持ってください。

思い通りにならないのは当たり前、それが人生です。
思い通りにならないと思うことは、気づきです。

景色は、自分の心を通してしか見れません。
同じ場所に立って、同じものを見て、違う景色が見えることが成長です。

傷だらけの人生ではなく、気づきだらけの人生!

   大好評、Youtubeで配信されている今日もほめ達!

カーネル・サンダース氏の名言
容易な道は、やがて困難なものになる、困難な道は、やがて容易なものになる!