過去よりも未来へ、一歩でも前へ!

変わらない過去、変えられる未来、一歩だけでも前へ!

相手の感情が前面に出ているときは、まず、共感!

冷静なアドバイスが伝わらない経験

親身になって、冷静にアドバイスをしたのに、、、、
伝わらないどころか、逆に怒られることはあります。

同僚が相談に来ました。
聞いてよ、課長がもっとまじめにやれって怒るのよ。
真面目にやっているのに、やってられないわ、まるでパワハラよ!

冷静にアドバイスしました。
それは、あなたの肘をついて考える癖が誤解を招いたんじゃないかな?
きっと、その癖を直したら誤解されないんじゃないかな?

すると同僚が、怒りだします、、、、
あなたは何もわかってくれないのね!

   

冷静なアドバイスが伝わる場合

具体的なアドバイスを求められたときは、冷静なアドバイスをしてください。
相手もそれを求めています。
  • 説明がうまくできないので、コツを教えてください。
  • PCソフトの使い方を教えてください。
  • ライティングのスピードをアップするコツを教えてください。
  • 営業でのクロージングのコツを教えてください。
     natoku.jpg

冷静なアドバイスが伝わらない場合

相談されるときに、感情が前面に出ているときは、要注意です。
夫婦間では、よく起きます。
お隣の奥さんが嫌味ばかり言うのよ、もうイヤ、どうすればいい?
   
これに対して、旦那さんが冷静にアドバイスします。
相手も嫌味で言っているつもりはないんじゃないかな?
冷静になって考えてみたらどうかな、君の思い違いかもしれないよ?
奥さんは確実に怒ります、怒、怒、怒、、、
そんなことわかっているわよ、あなたはわかってないから簡単に言うのよ!

奥さんは、自分の辛さをわかって欲しいのです、共感して欲しいのです。

そうか、それは辛いよな、大丈夫かい?
これで、奥さんの怒りの感情が収まります。
冷静なアドバイスは、それからです。
いきなり、冷静なアドバイスは逆効果です。

職場の愚痴や不平不満への対応

職場、いろんな愚痴や不平不満を言う人がいます。
部長がいつもキツイ言葉を言う、もう辞めたい、どう思う?

まず共感してあげてください。
わかるわ、それは辛いよね、私も同じ思いをしたことがあるからわかるわよ!
これで相手の感情は、静まります。

  

でも、相手の感情を煽らないように注意してください。
そう、あの部長はいつもなんだよ、最悪だね!
相手の感情が高まるだけです、あくまでも共感に留めてください。

簡単そうで、意外にむずかしいと思いますが、心に留めておいてください。