過去よりも未来へ、一歩でも前へ!

変わらない過去、変えられる未来、一歩だけでも前へ!

【解決】スピーチが苦手、そんなあなたへの4つのアドバイス!

sうスピーチが苦手、、、、、
朝礼や会合などで、話をすることになったら、焦ります。
緊張で、何をどう話せばいいのかパニックです。

結婚式の披露宴でのスピーチも直前まで心臓がバクバクです。
料理の味もわかりません。

スピーチ慣れしている人には、わからない悩みです(笑)。
そんな方への4つのアドバイスです。これで大丈夫!

アドバイス1 頼んだ人が悪いと全力で開き直る

頼んだ人が悪い、全力で開き直ってください。
無理をしなくてよいのです、背伸びをしなくてよいのです。

ありのまま、あなたのキャラ通り、堂々としてください。

頼んだ人は、それを期待しているのです。
結婚式などでは、特にそうです。
普段のあなたと違う、気取った挨拶、うれしくないと思います。

f:id:openup21:20220129161123j:plain

ただし、結婚式、葬儀の場では、NGな言葉があります。
これは、注意してください。マナーです。

 アドバイス2 短く話す

スピーチとスカートは短い方がいい!
短い話の方が伝わります。

結婚式の披露宴でも、場慣れした仲人さんの長い話よりも、
「本当におめでとう!」口下手な友人の一言に感動します。

職場のスピーチでも同じです。短くを心がけてください。

これは役に立ちます!

1分間で話せる文字数は、300文字です。
意外に長いものです。
話しが苦手と思っている方に、おススメの本です。

 

アドバイス3 姿勢に注意する

緊張すると人は、猫背になりがちです。
これは、急所である心臓を守るためですが、声が出ません。
意識して胸を開いてください。
こっそり胸を開いて肩を回す運動をしておくと効果的です。

同じように、緊張すると股間の辺りに手が行ってしまう人がいます。
肩が内側になり弱々しく見えますし、見栄えも良くありません(笑)。
おへその辺りに手を置いてください。
すると、わきの下に空間ができます。この姿勢は、堂々として見えます。

f:id:openup21:20211106094338j:plain(手のひらを外へ)

アドバイス4 このフレーズは効く

スピーチするときは、紹介されて前へ出ます。
改めまして、皆さんこんにちは、〇〇〇です。(元気よく)
これ以外に効果があります。

openup21.hatenablog.com